Blog

オーケストラ

orchestra.jpg

かつての天才指揮者アンドレイは、30年前にロシア共産主義の政治事情からオーケストラを解雇され、今はロシア・ボリジョイ交響楽団で清掃員をしている。

ある日、劇場にパリ公演の依頼のFAXが届き、アンドレイは昔の仲間を集めてボリジョイ楽団になりすます計画を立てる。

ラスト、15分間のオーケストラの演奏が見どころなのですが、映画の要所に笑える演出があって、ユーモアのセンスを感じました。

ロシア共産主義のお国事情や、商売がうまいユダヤ人の性格に笑える演出をかけたりしているので、ロシア人やフランス人などにとってはさらにツボに入る作品だと思います。

ユアン・マクレガーと浮気をした(笑)メラニー・ロランがヒロイン役なのですが、彼女のバイオリンを演奏する演技がちょっと素人丸出しなところが少しおしかった。

しかし非常に完成度が高い映画で、笑いと感動をたくさんもらいました。

監督:ラデュ・ミヘイレ アニュ
出演:
アレクセイ・グシュコブ(アンドレイ役)
メラニー・ロラン(アンヌ=マリー・ジャケ役)

オーケストラ公式サイト
http://orchestra.gaga.ne.jp/

10.05.22.PM01:22

Voice

Leave a Reply
name:
e-mail:
url:
voice:

Track Back

http://plamo-tokyo.com/site/mt-tb.cgi/94