plamoでタグ「 Bitmap 」が付けられているもの

getDefinitionByNameでクラス名を文字列から作る

文字列からインスタンス名を作りたい時は「getChildByName」を使いますが、 クラス名を作る時は「getDefinitionByName」を使います。

サムネイル画像に使うような、比較的容量が小さめの画像を、最初からライブラリに登録しておいて、始めにロードしておきたいという場合など便利です。

例えば、ライブラリに読み込んだビットマップ画像のリンケージ名をPhoto1, Photo2...と連番で名前を付けた場合は下記のような書き方ができます。

09.07.17.AM02:18

plamoを購読する